【内定者ブログ】Vol5#山口裕太

皆さんこんにちは。17卒内定者の山口裕太です。

1年間の集大成である卒業研究も終わり、入社に向けて準備をし始めている今日このごろであります。

さて、私は今回18卒の方に向けて就職活動についてお話させていただきます。

私は研究に時間を割きたかったため就活は短期決戦で行いました。そのため4月くらいにはだいたい終了していました。

とはいえ世の中には会社も多く、すぐに決めるのは難しいですよね。そこで私なりの就活を紹介させていただきます。

1.就活系イベントで企業と会う

企業探しサイトなど、大量のデータベースから気になる企業を探せるようなサービスは日々増えています。自分の気になるワードを入力して探すなどかんたんかつ多く見つけることが出来ます。しかし、その反面多すぎて処理が追いつかないこともとても多いです。

私が就活イベントをおすすめする理由は、実際に企業の人と話せるということです。企業側としてはお金を払って就活イベントに参加しているわけですから本気で私たちを採用しようと来ています。ですので、そういう場でお話をする機会を持てれば聞きたいことに事細かに答えてくれます。こういった情報をもとに企業選びを行ってみるのもよいのではないでしょうか。(かなり大きいイベントよりも少し規模の小さいイベントのほうがもっと親密に話せるかも?)

2.気になる企業 + 気にならない企業も受ける

実際に企業選びをして実際にエントリーをはじめていくと思います。その中で余り興味を持たない企業も受けてみるのもおすすめします。

何故かと言うと、気になっている企業との比較ができるからです。それはいい面だけでなく、気になる企業の足りないという部分を探すことにも繋がります。この就職先を選んでいる期間は案外盲目になっている部分もあると思います。「いい!」と思った企業の足りない部分なんかはその時は見えて無くて終わってから気がつくなんてのもあるようです。

そのため、今気になっていない企業を受けてみるのもいいと思います。気になってなかったけどいいところも見つかったりして一石二鳥です!(面接や試験の練習なんかにもなると思いますよ)

3.受けた数で競い合わないように!

同じ研究室生や同級生などもみんな同じ時期に就活に入ります。そんな中で「俺、30社受けたぜ!」など謎の自慢をしてくる人も少なからずいることでしょう。それすなわちその分落ちていることを忘れてはいけません。

また、教師なども「40社以上受けて当然」など言う人もいます。今の時代、「数撃ちゃ当たる」は当たらないですから、合わせてはいけないと私は思います。

というのも、後の工程を考えれば自ずと見えてきます。エントリーシートの作成、履歴書の作成、試験対策、面接練習、etc…と1つ作るのでもかなり時間の掛かるものばかりですよね。多く受けるということは、その分1つ1つの質が落ちるということでもあるといえます。そのため、数で競うなどというのは不毛なことです。

私的には”多くて10社”が適正だと思います。上記の工程をやっていればそれ以上に膨らむことはそこまでないと思います。これが各企業の提出物に時間をかけられてちょうどよいラインだと思います。(筆記やプレゼンの得意な人はもう少し受けられるかもしれません)

これが私が就活をして得た知見です。いかがでしたでしょうか?

もちろんこれが正しいとは限りませんが、私は研究に力も入れられていい就活が出来たので多少なりとも参考になると思います。18卒の一つ上での就活なので、18卒の方も実施できる内容だと思います。もしこれが皆さんの良い就活のヒントになれば幸いです。

また、その中でソフトブレーン株式会社を選んでくださった時はよろしくお願いいたします。

いい就活はいい学生生活にもなります。皆様がそうなるであろうことを祈ってここで筆を置かせていただきます。

それでは私は残りの学生生活を楽しく送っていこうと思います。ありがとうございました。

Profire

テニス報告@関西

こんにちは。
関西支社採用担当の田口です。

前回ゴルフの様子を報告しましたが、今回はテニス!

関西支社のテニス好きは定期的に集合して楽しんでるようです。
先週末にも集まったようなのでその様子を参加者の播島さんが報告してくれました。

IMG_0304

 

私自身は、myラケットは持ってますが、参加するのは5~6年に1回ペース。確かソフトブレーン@本社のテニスに参加したのが11年前。その次は息子が生まれてすぐだったので6年前。もはや毎回「初心者」です。そろそろテニスに参加する周期も近づいてますね。運動不足なので動かなくては、、、

来る2017年3月に、関西支社メンバー(有志)は、駅伝マラソンにチャレンジします。
その様子もこんな形で報告できればと思います。

田口

【レポ】2017内定者研修実施しました

こんにちは。
ソフトブレーンの高野です。
  
昨日は今年4月に入社予定の内定者研修でした!
  
現役コンサルタントの佐藤さんを講師に迎え、
自社パッケージ製品「eセールスマネージャー」の仕様設計を体験。
製品の大まかな構造や特徴を理解する狙いです。

佐藤さん説明
  
eセールスマネージャーは” セールス “と入っている通り
” 営業 “に関わる情報を管理するツールなのですが、
今回は新たに「あったらいいな」と思うものを管理するツールとして
e○○マネージャーを企画&設計しました。
  
2チームに分かれてアイデアを出し、
どういうプロセスで、何を管理し、どう活かしていくのか、など
ああでもないこうでもないと検討していたら、半日があっという間。

皆でわいわい 16174473_1383296085076983_2111289618337027834_n akaチーム 発表
  
講師から顧客目線も含めたフィードバックをもらいつつ、
実際にお客様が使う画面のデザインまでを作り上げました。
  
難しい…!と唸る声も多々聞こえましたが、
かなり実用性の高いものに仕上がり、両チームとも大満足。
  
恋愛や研究など身近な対象としたこともあり、  
この作りならこんな運用も出来るんじゃない?など
どんどん話が広がる楽しい時間でした。
  
内定者としての接点は今回で最後、
次回はいよいよ入社式です。
  
元気な顔が揃うことを今から楽しみにしています!

2016年第4四半期eSMile表彰が実施されました

こんにちは。
広報担当の具志堅です。

2016年度第4四半期の開発部門、営業企画支援部門のeSMile制度の表彰が1月23日の朝礼で行われましたのでご紹介します。

まずは開発部門。こちらは目玉プロジェクトのリリースへの貢献や画期的なプロセス改善、効率化に寄与した担当者が表彰されます。

2016年度第4四半期は、目玉プロジェクトをリリースしたリーダーとして3名が表彰されました。

セールスイノベーションチーム 小松さん
「アナリティクス機能のPLを務め、短い期間の中で技術的な課題やインフラ面の問題を、マネージャー陣、CSS部の方々にご支援いただいた。現在は新しいプロジェクトのPLを任されているのでこちらも頑張っていきたい。」
Snapseed (6)

システム開発部 鈴木剛さん
「大型案件に携わり、営業、コンサル、パートナーの方々からお力をいただいた。今回は先輩から引き継いだ案件だったため、今度の案件は最初から関わっていきたい。」
IMG_0261

システム開発部 大澤直樹さん
「大型案件のPLを務めたが、周りの人々に支えられて達成できたと考えている。」

Snapseed (5)

続いて、サービス部門。こちらはコンサルティング部・サポートチームにおけるハイパフォーマーや画期的なプロセス改善・効率化に寄与した担当者が表彰されます。

2016年度第4四半期は、ハイパフォーマーとしてとして3名が表彰されました。

導入コンサルティングチーム 佐藤佑樹さん
「プリセールス、導入案件の件数で職位の基準値の1.6倍の成果をあげることができた。プリチームが昨年発足したことも成功の要因の一つである。今後も量と質を上げていきたい。」
Snapseed (4)

顧客支援チーム 高橋結子さん
「昨年5月に育休から復帰、皆さんのお力添えをいただき、感謝しています。今後も、もっとお客様にご利用いただけるようにフォローしていきたいです。」
Snapseed (3)

サポートチーム 山口さん
「2016年4月に入社したばかりだが、お客様からのお問い合わせに1,145件対応しました。がむしゃらにやってきた所もあるが、皆さんにも助けていただいたのも大きいです。。案件対応の件数としてはよかったが、質がまだ不足していると考えています。対応の質、背景の理解など、今後はよりレベルをあげていきたいです。」
Snapseed (2)
先週欠席だった営業部門の馬場さんの表彰もここで行われました。

キーマンアポ取得数金賞
営業一部 馬場さん
「引き続き、キーマンアポに注力して案件化を狙っていきたい。アポの目標は達成できていないため、最終的な売り上げ達成にも向けて頑張っていく。」
Snapseed (1)

最後に営業企画・支援部門。こちらは上期・下期毎の案件化目標を達成の上、新たなチャレンジを推進した社員を「集客・案件化賞」として表彰しました。

集客・案件化賞
営業企画支援部 松本さん
「4月に育休から復職して、日々の仕事で精一杯となっていたため、この度受賞する機会をいただけると思っていませんでした。皆さんのお力を無駄にすることのないように、また頑張っていきたいです。」
unnamed

【表彰制度】eSMile制度12月度表彰

こんにちは。
広報担当の具志堅です。

12月度の営業部門のeSMile制度の表彰が1月16日の朝礼で行われましたのでご紹介します。

・月間MVP
→営業一部 宮石さん
「非常に光栄です。大型案件で受注できたことが大きかった。この案件はいろいろな部門に協力をいただいて取れました。eSMileのポイントで協力いただいたみんなと食事に行きます。今後も引き続きよろしく。」

Snapseed (1)

・案件化数金賞
→営業二部 古宇田さん
「12月は豊田さんと『1人12件取りましょう』という目標設定をしており頑張った。目標以上の結果出せてよかった。今後の受注にもつながるようにしたい。」

Snapseed (2)

・キーマンアポ取得金賞
→営業一部 馬場さん
※当日はお休みのためコメントは次週

さらに今回は2016年度の営業部門MVPも表彰されました。
eSMile制度が始まって第1回の年間MVPは
→営業三部 明見さん でした!!
「最後焦りながら何とか逃げ切れた。この表彰は一人で取れたものではない。皆さんに感謝しています。新しい年が始まり、高い目標をもらった。これを励みに頑張りたい。」

Snapseed

●2月~3月開催●ソフトブレーン事業説明会 & 就活トークセッション

————————————————————-
 面接官も兼ねる取締役に直接聞く!
 ソフトブレーン事業説明会 & 就活トークセッション
————————————————————-

▼東京会場に参加予約する
▼大阪会場に参加予約する 

<内容>
  ■ソフトブレーンの事業紹介
  ■就活に係る軸や当社との相性を明確化するトークセッション
  ■実際の働く現場を見る!社内見学(予定)

  10名程度の少数制で
  事業内容、沿革、業界内での立ち位置、今後の展開、社風など
  当社について詳しく知ってもらう時間と、
  働く上でそれぞれが重視する部分について意見交換する
  トークセッションの時間を用意しています。

  当日は、現役の営業コンサルタントであり
  採用面接官も務める取締役がスピーカーを務めますので、
  当社の話を一方的に聞いて終わり、ではなく
  皆さんからも疑問や意見を投げかけて頂くことで、
  ” 相互理解を深める機会 “と位置付けています。

  参加後には「なんとなくやっていることは判った」ではなく、
  【 やりたいことと合致しているので受ける! 】なのか
  【 やりたいこととズレているのでやめとく! 】なのかを、
  はっきり感じてもらえるよう、本音の話を準備してお待ちしています。
—————————————————————

<開催日程>
 ■東京会場/ソフトブレーン本社
  2017年2月 9日(木)16:00~19:00
  2017年2月20日(月)16:00~19:00
  2017年3月 6日(月)16:00~19:00
  2017年3月21日(火)16:00~19:00
  場所:東京都中央区八重洲2-3-1 住友信託銀行八重洲ビル 9階

 ■大阪会場/ソフトブレーン関西支社
  2017年2月1日(水)14:00~17:00
  2017年2月14日(火)14:00~17:00
  2017年3月1日(水)16:00~19:00
  2017年3月17日(金)16:00~19:00
  場所:大阪府大阪市北区曽根崎2-11-8 大阪日興ビル 9F
—————————————————————

<申し込みはこちらから ※冒頭URLと同様>

 ▼東京会場に参加予約する
 ▼大阪会場に参加予約する

—————————————————————-

■ソフトブレーン株式会社
 東京ガス、NTTデータ、日本生命など、
 業界トップクラス5800社以上の営業活動をコンサルティング。
 各企業の持つ、様々な営業課題を解決しています。

■ソフトブレーンを理解する5ワード
 ・営業を科学する
 ・プロセスマネジメント
 ・TO BE OPEN TO CHANGE
 ・東証一部上場、でもベンチャー
 ・日本の生産性を上げる仕事
 ※詳細はセミナー内でお伝えします!

【内定者ブログ】Vol4#松本新菜

はじめまして、17卒内定者の松本です。
つい半年前までコーポレートサイトを眺めていた側の自分が、内定者ブログを更新する側になり、不思議な気持ちでいます。

今回は、『営業のプロが新人のために書いた はじめての「営業」1年生』を読んで感じたことについて書きたいと思います。

この本は、ソフトブレーン・サービス株式会社の野部剛社長が書かれた本です。野部さんはトップ証券営業マン(!)だった、営業のプロです。内容は会話形式で進んでいくので、全く営業に関する知識のない人でも読み進めやすくなっています。6章に分かれており、営業の心構えから、商談中にありがちなトラブルへの対処法、商談成立後のフォローまで書かれています。

さて、この本にはソフトブレーンのスピリットだったり、考え方がふんだんに詰まっています。例えば「営業活動は科学的なものであり、プロセスが重要だ」という点。営業には6つのプロセスがあり、この本ではパン工場に喩えて説明されています。
常にプロセスを振り返り、冷静に分析することで、自分の営業活動にはどういう弱点があるのかが分かり、失敗が少なくなることで結果的に商談の成功率も上がる・・・ということです。一貫して、営業活動はカンや根性のような精神論ではなく、科学的な方法論であるということが書かれています。

また私は、今までいわゆるビジネス本を読むと、読んで数日ぐらいは猛烈にやる気が出るものの、その後やる気が下降線を辿ってしまうことが多くありました。「ヨッシャ!本読んだった!」ではなく、読んだことを今からでもすぐに行動を移し、継続することも大事だなと感じました。(報連相の章は今の自分に語りかけられていると思い、コピーして洗面台の壁に貼ることにしました。改善します)

就活を始める前に読んでおけば、営業職やソフトブレーンに対する理解をもっと深めることができたのではないかな、と思います。ぜひ営業職やソフトブレーンに興味のある方は読んでみて下さいね。

まだまだ学生気分が抜けず、「営業」の「え」の字も言えませんが、4月から前向きに日々奮闘したいと思います。その前に卒論と単位が首の皮一枚で繋がっている状態なので頑張って卒業したいです。

まだまだ寒いですが、皆さまご自愛ください。それでは!

img_0147

 

コーポレートサイトをリニューアルしました

こんにちは。
広報担当の具志堅です。

今回はコーポレートサイトリニューアルのお知らせです。

http://www.softbrain.co.jp/

新コーポレートサイトは、ソフトブレーンの理念である「TO BE OPEN TO CHANGE」をテーマに、コーポレートカラーのブルーを基調にデザインされています。

「採用情報」をクリックしたくなる衝動を押さえて、ぜひコーポレートサイトについても色々とクリックしてみてくださいね。

 

 

【表彰制度】eSMile制度11月度表彰

こんにちは。
広報担当の具志堅です。

11月度の営業部門のeSMile制度の表彰が12月12日の朝礼で行われましたのでご紹介します。

・月間MVP
→営業五部 中内さん

「ひとえに皆様のおかげ。豊田さんからのパス頂いた案件で、提案前のカスタマイズ、置き換えにあたる必要な機能について、小川さん、田中さん中心にご助力頂いた。また、見積りについては田口さん、その相談と決裁は木下さんにご協力頂きました。」

・案件化数金賞
・キーマンアポ取得金賞
→営業一部 水野さん(W金賞でした!!!)

「(チューターの)尾形さんのご指導の賜物、アポの電話の時点で色々と話を振っておくことを注意している。」

 

fullsizerender-1

【内定者ブログ】Vol3#賀数元春

2017卒内定者の賀数 元春(かかずもとはる)です。
内定者ブログ第三弾を担当します。ソフトブレーン外のお話になりますが、ぜひお付き合い下さい!

さて、技術職で内定をいただいている私ですが、先日はあるイベントに参加してきました。12月2日に開催された、Cloud Spiralの最終成果報告会である”Spiral Up!’16″です。

Cloud Spiralの詳細は省きますが、簡単に言うと修士1年生を対象として関西で行われているIT技術者育成プログラムです。
このプログラムの前半はシステム開発技術などをチームでの演習形式で学んでいました。後半ではその知識も活かしつつ、5,6人チームで課題を数週間かけてこなしていくことになります。”Spiral Up!’16″は、その後半で取り組んだ課題に対する発表会となります。私がこのプログラムを受けていたのは去年なので、今回はOBとしての見学参加です。

発表テーマは各チーム2つ。「クラウドを活用したビジネスの創出」と「AWSを使ったWebアプリの開発コンペ」です。
一つ目のビジネス創出はポスター展示のみのため基本はアイデア勝負。クラウド技術を利用しつつ、収支も含めた新ビジネスを考えなければなりません。ビジネスとして一から考えることなんて今まで経験が無い人がほとんど(というよりおそらく全員)で、私たちは収入源をどうするのか悩んでいた記憶が蘇ります。それでも中には収支を予想し、「運用5年目から黒字になる!」というチームもありました。
二つ目のWebアプリは、チームが考えたWebアプリを実際に開発して展示します。「外部サービスのAPIをどこかで利用する」という制約はあるものの、ビジネスとして考える必要は無いため、楽しさを重視したコンテンツもありました。

去年はこれらに加えてビッグデータの解析にも取り組んでいました。初挑戦のビッグデータやビジネスなど幅広いテーマに触れられたことはとても楽しかったですし、色々挑戦してみたいという今の私の原動力にもなっています。

この日は色々なアイデアに触れたり、受講者から色々な話を聞けたりとあらためて刺激になる一日でした。特に最近の私は研究の考察やら論文やらに追われているため、余計に何か作りたい気持ちに!……なったはいいものの、翌日から風邪を引いてダウンする事態にも。社会人は目の前ですが体調管理はまだまだ甘いようです。とはいえまずは無事に卒業しないといけないので、やる気はキープしながら論文を書き進めていきたいと思います。

gakazu-1-2-e1481862180278
賀数元春