【2017内定者ブログ】Vol6#南村拓哉

みなさま初めまして。17年卒内定者の南村拓哉と申します。

このブログを見ている方の中には18年卒の方々がも多いと思います。そこで今回は自身がソフトブレーンに決めた経緯を話していきたいと思います。

ちょうど1年前、自身も就職活動をしていました。今まで生きてきた中で最も自分自身を見つめなおした時期でもあり、これから先本当にやりたいこと、将来どうしたいのかが明確になった時期でした。

私は就職活動をする上で、「自己分析」よりも「未来分析」に力を入れていました。つまり自分の過去より、これからどうしたいか、どうなっていたいかを最優先に考えました。

現在の日本には少子高齢化、労働人口の減少、GDPが非常に低い、など様々な問題を抱えています。そんな中で就職活動を通して大きな不安を抱えるようになりました。将来、結婚し家庭を築いて、老後の暮らしが不自由なくできるようには膨大なお金が必要であり、今の現状では中々厳しくなってきています。結婚し子供を2人を持ち、老後の生活を保障された生活を送るためにはいくらかかるか知っていますか?約2.6億円かかるそうです。

そんな中で現状と比べてみると社会人の生涯平均所得は約2億円と言われております。つまり現状では将来必ずお金が足りなくなるという事ですよね。

このように、自分と同様の不安を感じる人を1人でも少なくしたいと思うようになりました。そのためにはGDPをあげてより良い社会づくりをするべきであると考え、大手企業向きの営業支援を行っているソフトブレーンに入社することを決めましました。

このように人それぞれたくさんの就職活動のやり方や考え方があると思いますが、将来のビジョンが明確であり、そのためには今、そして今後何をしていくべきかがわかっている人間はとても強いと思います。軸となるビジョンをしっかり持ってこれから就職活動を通して様々な経験をしてください。

そしてご縁がありましたら2018年の4月から一緒に働くことができたら幸いです。