【表彰制度】eSMile表彰、管理部門と2月営業部門が発表されました

こんにちわ
広報担当の具志堅です。

3月13日と3月21日にeSMile表彰が発表されました。

3月13日に表彰されたのは経営管理部門。今回は業務の効率化や生産性向上に貢献した超改善賞、新たなチャレンジを行った新規取組賞が表彰されました。

・超改善賞
経営管理部 込山さん
タクシー代削減に取り組み、約68%の削減を実現。しかもタクシー代のチェックにかかっていた時間も約70%減になったとのこと。コストと工数のW70%削減という数字が語る超改善が評価されました。
「皆さんのご協力により達成できた。これからも込山のチェックがあると思っていただきたい。今後も引き続きコストダウンに取り組んでいくのでご協力よろしくお願いします。」

・新規取組賞
経営管理部 及川さん
IRサイトのリニューアルを推進。さらにその結果として大和インベスターリレーションズよりインターネットIR優秀賞を受賞しました。
これがソフトブレーンの認知度向上やイメージアップにつながる取り組みだったことに加え、これをきっかけにして各部でも関心度が高まっており、人事、広報でも賞を狙っていく動きにつながっていることが評価されました。
「リニューアルして何を達成するかについて16年5月~6月の早い段階で、上司とコミットし、そのためにやりきったことが良かった。」

 

3月21日に表彰されたのは営業部門。

・月間MVP
→営業3部 明見さん
「既存顧客のライセンス拡大が大きかった。今月は良かったが、このまま行けるわけがないと思っているので、油断せず頑張っていく。」

明見さんは2016年度の年間MVPも獲得している営業3部の中核。
明見さんへのインタビュー記事は「食品メーカーのお客様相談室SVが、営業を科学する集団でMVPを獲ったワケ」

・案件化数金賞
営業2部 井手上さん
「主に営業2部で中小企業向けの営業を行っている。この結果も、営業企画支援部、開発、その他の方のサポートがあってこそ。」

・キーマンアポ取得数金賞
営業5部 播島さん
「東京にこれまで圧され気味だったため、関西で取れてよかった。案件化など営業のコアなところでも表彰されるようになりたい。」

関西はテレビ会議で受賞コメントをいただいたので写真撮れず。
新卒営業マンの成長と汗と涙を追いかける月刊はりしまから写真をいただきました。