【2018内定者ブログ】Vol1#武田誠也

ソフトブレーン採用ページをご覧の皆様、はじめまして!

毎年恒例(?)の内定者ブログを今年も公開します。

2018年卒のトップバッターを担当致します武田誠也です。

 

私はありがたいことにソフトブレーンから12月には内定を頂いたので時期的に早い段階で就職活動を終えていました。そのせいか「どのようにして会社選びをしたのか」や「3月になると他の沢山の企業を見ることができるのになぜそんなに早く決断できたのか」と聞かれることが多かったです。

 ですのでこの記事では私がどのような基準で会社選びを行ったかをご紹介させて頂こうと思います、1つの視点として見て頂ければ幸いです。

 最近では誰もが聞いたことある大企業が莫大な赤字や経営危機といったニュースを聞くようになりました。この大企業の社員達が就職活動をしている当時、この会社がまさかこんな事態になるとは予測していなかったと思います。

 そこで就活当時の私はこの時代に「安定している企業などない」と考え「全ての企業、または自分の就職する会社は倒産する」ということを前提に立ち回ろうとしました。そして自分のキャリアとして必要なものは「働く場がなくなって社会に放り出されても自立できる力」という結論に至り、それからは大企業での小さな歯車になってはいけないと考え、会社選びから大企業は除外し「自分がレベルアップできる会社」という基準ができました。

 選考を受けている期間中に社内見学をする時間を設けて頂き、当時新卒の社員の方とお話させて頂きました。新卒社員といいますと私の中では、1年目は先輩のお世話になりながら基礎的なことや雑務ばかりしているのかなといった勝手なイメージがあったのですが、全く私のイメージ通りではなく、一社員として主体的に自分の仕事に取り組まれていることをすごく楽しそうに話して下さったことが印象的でした。

 私は2月から内定者バイトとして関西支社の皆様と共に働かせて頂いているのですが、普通に大学生活を送っている間では経験できないことを、まだまだ足を引っ張りながらですがさせて頂いており、改めて自分の基準に合った会社を選ぶことができたと感じております。

 企業研究を始めた当初はまず大企業や自分の知っている会社に目を向けてしまいますが、そこから一旦離れて“自分自身がスキルアップできる会社とは”といった軸で会社選びをしてみてはいかがでしょうか。グループ会社のソフトブレーン・サービスの野部剛代表取締役社長の著書営業は準備力: トップセールスマンが大切にしている営業の基本』を読んで知ったのですが、定年までの働く時間をざっくり計算する10万時間超にもなるそうです。私はこの膨大な時間を自分の成長の為に費やして働きたいと思っておりますし、ソフトブレーンでは自分の為に挑戦し続けたいです。

武田誠也

 ※これからも内定者が記事を更新しますので、是非ご覧になって下さい!!