【2018内定者ブログ】Vol3#山本諒

ソフトブレーン内定者ブログをご覧の方、初めまして。ブログ第3回担当、18卒内定者の山本諒です。
 さて、今回私は今までと視点を少し変え、大学一回生の頃からしている学習塾でのアルバイトとソフトブレーンに決めた理由の関連について書きたいと思います。このアルバイトの話はソフトブレーンの選考でも自己PRの1つとして話し、高評価(?)を頂きました。19卒や、今後就活をされる方も多くご覧になられていると思うので是非参考にしてみて下さい。
 学習塾=解き方を教えるところというイメージが強いと思いますが、私は1番の仕事は解き方を教えることだとは思っていません。「自分で勉強できるように導いてあげる」のが1番の役割だと考えています。生徒の性格を見抜いて、適切な量、範囲の宿題を出してあげて生徒が進んで勉強できるようにしてあげる、これが大切なのです。
 「10年、20年先にも続く自信を育てる」
これは私が実際に働いている塾のスローガンです。 ただ勉強を得意にするだけでなく自分で考えて生きていく力をつけてほしいという意味です。私は恥ずかしながら学習塾の講師の中でも学歴は高い方ではありません。しかし、勉強を教えるだけでなく、生徒を一人前にすることが学習塾の本質だと気づいて、生徒とのコミュニケーションやたまにはふざけて一緒に遊ぶことをしてきたからこそ、今では人気講師(自称)になれたのだと思います。
  そして今上記で書いた「生徒の性格を見抜いて、適切な量、範囲の宿題を出してあげて生徒が進んで勉強できるようにしてあげる。」というのは相手が違うだけでソフトブレーンの仕事内容にも通じるところがあるのではないかと考えています。ソフトブレーンの場合は生徒ではなく相手企業の営業課題を見抜いて、適切な処置をして企業がさらに良くなっていくように導いてあげるこの共通点があったこともソフトブレーンに決めた理由の1つです
 そして最もソフトブレーンという会社に惹かれた理由は成長度の早さです。ソフトブレーンには若くして部長、課長になった人も多くいます。私自身大学の友人やアルバイト仲間よりも将来成長していたいという願望があります。その願望を叶えられるのはソフトブレーンだと思い、就職することに決めました。
 私は残りの学生生活は内定者バイトもしたかったのですが、これまで頑張ってきた学習塾のアルバイトに全力を尽くすことにしました。これから就活するみなさんも、何か1つ全力でぶつかったことを見つけてください。きっとソフトブレーンでも評価してもらえますよ。
それでは次回ブログもお楽しみに。
ありがとうございました。
山本 諒