【2018内定者ブログ】Vol8#長村祥太

採用ブログをご覧の皆様、こんにちは。18卒内定者の長村祥太(ナガムラショウタ)と申します。同期の中では唯一、コンサルティング部での内定を頂きました。

今回は、私の趣味のカメラについてお話させて頂こうと思います!同期の子たちはみんな真面目に就活の事などを書いている中、路線を外すようですがご容赦ください。 

私がカメラを趣味にし始めたのは、昨年2月にソフトブレーンに内定を頂き、就活を終えてからです。以前は、写真と言えばスマートフォンに甘んじていたのですが、旅行に行った際などに「もっといい写真が撮れればいいのに」と次第に感じるようになりました。そんないたって単純な理由でカメラが欲しくなり、就活終わりの自分へのご褒美という形で購入しました。ちなみに私が使っているのはCanonのコンパクトデジカメです。カメラ初心者でも簡単に使いこなせて、持ち運びも便利で、とても気に入っています。 

私は、モノよりも風景を撮影することが好きで、カメラ購入後は景観の良いスポットを求めて国内・海外に出向くことも多くなりました。私の地元は兵庫県ですが、近場で行ける大阪・京都、その他国内で言うと金沢や山口、海外ではオーストラリアとシンガポールを旅し、キレイな景観を見つけてはシャッターを切ることを続けています。写真は、2月初旬にシンガポールに行った際に、有名なマリーナベイサンズ一帯を一望した写真になります。

 

カメラを購入してからのこと、私は目の前に見える風景の見方が変わりました。というのも、キレイな景観はもちろんですが、何気ない日常の景色にも味があって、ふとすごく美しいと感じるようになりました。例えば普通の風景を実際に目で見て感じるものと、カメラで撮影して画像で見るのとではまた違った味があったりします。このように、写真との対比の中で、何も感じなかった景色がこれまでと違って見えることが多くなりました。その味を言葉で表すことは難しく、感覚的な部分にはなりますが、自分の感性にカメラがいい影響を与えてくれたものと思っています。素直に「美しい」と感じる感性は、個人的にすごく大事にしたいと思っています。

 ここまで私の趣味について書いてきましたが、ある方のお話によると、会社を経営されている方々の中には、多趣味の方が多いとか。そのために趣味を作ろうという訳ではありませんが、私自身がこれまでお会いした社会人の中にも多彩な趣味をお持ちの方がたくさんいらっしゃいました。私は社会人になってもこの趣味は継続し、また新たなものを見つけたいとも考えています。社会人生活は始まってみないと分かりませんが、仕事とそれ以外も良いバランスの中でこなして行ければいいと思っています。ご覧になっている皆様も何か一つでも趣味を見つけてみてはいかがでしょうか。 

では、次回の3月期が最終回となります。お楽しみに!